ADK-News

ADK-News(2018-10-24)ETFや銀行について

投稿日:

Aidosファミリーのみなさん、こんにちは。

今回のADKニュースは、次のとおりです。

 

今回はETF関係の内容が盛りだくさんです。

最近、ドンがいかに力を入れていたかがわかりますね。

 

なお、翻訳を貯めていたこともあり、文章量が多く、じっくり見たい方向けになっております。

まとまったのを見たい方は他にありますし、それでいいかなと。

(決してまとめるのが面倒なわけではない...)

 

 

ナイロビのホテルとスタジアム建設

DON

前に何回も言ったが、ナイロビにホテルとスタジアムを建設する予定だ。

訪れるのがもっと面白くなるだろう。

 

スタジアムは知ってましたが、ホテルもなんですね。

ADKが使えるのかな?その頃には携帯で送金できるといいけど...

(Aidos国~ん)

 

 

 

スペインのサッカーチーム

DON

私が変化させてから、スペインのサッカーチームは勝ち続けている。

4試合で全勝だ。

 

以下をスクショしてもいいよ。

C.D.Ursariaは4年以内に1部リーグでプレーするだろう。

3年以内に2部リーグでプレーするつもりだ。

 

また、ケニアのリーグは今季早くスタートしている。

WazitoFCが来年にプレミアリーグに戻り、2年以内に優勝するだろう。

 

スペインのチームは絶好調のようです。

サッカーの強化策、うまく行くと良いな。

 

 

 

スペインでの休暇

DON

(タンザニアのミーティングは)できていない。

私は子どもと数日過ごすためにスペインに戻ったところでそれからアフリカへ行く。

(10/11時点)

 

 

 

今後のスケジュール

DON

オンラインバンキング:作業中
EUバンク:3~4か月
ETF:3~4か月
ステップ2:2~3か月

(10/11時点)

 

時期については見込みということで...

 

 

取引所上場ラッシュ

fatbtc

 

 

idax

https://idax.zendesk.com/hc/en-us/articles/360017850472-IDAX-has-open-ADK-deposit-withdrawal-

 

 

P2PB2B

 

早いペースで上場してます。

できれば大手の取引所に上場したいものです。

 

 

 

ステップ2の進展

DON

Step2が現在、実装されようとしている。

最初の段階はすべてのコードが置き換わる時だ。

githubをチェックした時だけ変化がわかるだろう。また、もちろんネットワークは早くなるだろう。

DON

コアチームはIOTAコードを変えようとしている。そして徐々にすべてが実装される。

ETFも来ているので、それをした方がいいと感じた。

カッコウサイクルがあると、最長で(携帯で)2.6秒までPoW時間を減らせる。速い暗号通貨となるだろう。

(ADKは送金)手数料が不要で規制されているだけでなく、非中央集権でもある。

 

ステップ2はADKの技術開発に関するステップと思っています。

ステップ1が現状で、ステップ2が次の段階というイメージ。

ステップ2になるとXMSSや匿名送金等、ADKの独自性がついてきますし、IOTAコードからも脱却できます。

IOTAのコピーと海外勢に言われても強く言い返せるようになりますね。

(ところでPoWで難易度調整をしているので、速いと攻撃耐性が弱くなり、遅めだと堅牢になると認識しています。両立できる良い仕組みがあるのかな?)

 

 

 

CMCにも対応中

リッチリストはありますか?なぜエクスプローラーは動いていないのですか?

投資家
DON

短期間で私たちはすべての量を示したリストを作り、CMCに示した。

どうなったと思う?何も変わらなかった。

なので、それを削除したよ。

彼らは別の物を求めた。そして私たちはそれに取り掛かっていて、Step2でできるだろう。

 

また、何回も言ったが、Moneroを含む他の複数の通貨はリッチリストを持っていない。しかしCMCには掲載されている。

2500万ADKは最初に作られた。つまり全てが売れる。

また、エクスプローラーは作業中のため落としている。まもなく動くようになるだろう。

 

何だかんだ言ってCMCの影響力は大きいですからね。

ドンもCMCには渋々対応をしてくれているようです。

CMCの要求に応えられて、ランキングに載れば認知度が一気に上昇します。

その際、ステップ2も実装されていれば、IOTAのコピーとか言われなくなり、前向きな評価が増えるかもしれません。

 

 

 

顧客の内訳

DON

我々は法定通貨やバンキングと戦えない。バンキング、法定通貨、デジタル通貨を組み合わせたものが勝つ。

多くの人が暗号通貨に投資していることを知っているが、毎日の生活のために支払えるように売ったり、暗号通貨を法定通貨に換金する必要があることを知っている。ヨーロッパ、アメリカ、アジアの一部の銀行では、口座所有者が暗号通貨トレードをしていると知ったら閉鎖することも知っている。ここに私たちが入る。暗号通貨取引にオープンな銀行を提供するんだ。

取引所についても同じだ。彼らは来て、バンキングのニーズがあるだろう。これらは我々の計画のたった30%だ。

30% オフショア顧客
30 % 暗号通貨取引
40 % 現地の顧客(ケニア、タンザニア)

私たちは遠方からの口座開設のためにオフショア顧客にADKを持っていく。ADKを持っていないのは馬鹿だと自ら言うよ。hahahah

 

日本だと暗号通貨からの換金は問題なくできますが、ヨーロッパとかだと結構厳しいみたいです。

もし、それを問題なくできるオフショア銀行があれば、需要は見込めます。

今はその準備をしています。テレグラムでドンが言っていても銀行からの発表はされていないのが現状です。

公式発表がされて便利だと認識されれば熱くなりそうですね。

 

 

 

銀行関係

ADK売買

DON

私たちはADKの入金、法定通貨でのADKの売買がケニアの銀行で顧客にできるよう、中央銀行と仕事をしている。

彼らはとくにADKがETFとなるとき、前向きだ。

一方、BTCに対してはそうではない。正直に言って、私はちっとも気にしない。ADKだけを気にかけている。

 

 

口座開設は今できる?

Sumac銀行で口座開設はできますか?

非居住者用の口座?世界中にサービス提供していますか?

投資家
DON

もし望めば、Sumac銀行で現在、口座開設はできる。しかし、そのためにケニアに訪問する必要がある。

私たちをとどめている唯一の物は遠方から口座開設できるオンラインバンキングだ。

準備予定だが、アフリカ流の考え方にヨーロッパレベルのオンラインバンキングを実装する必要があるので、少し遅れている。

 

 

口座への入金方法

銀行口座に現金を入れるにはどうすればいいんですか?

投資家
DON

私たちの銀行は他の銀行同様に動く。

あなたの口座へあなたの名前とSwiftを使って入金できるがADKも入金できる。

前に言ったとおり、オンラインバンキングシステムはウォレットアドレスを提供するので、ADKを入金でき、またADKを売って現金を得ることもできる。

 

銀行のオンラインバンキングシステム

・ウォレットアドレスがつき、ADKの入出金ができる。

・ADKの売買で現金化できる。

↑以上のことができるよう動いているようです。

前から言っている内容と変わらず、銀行でADKが売買できるように動いてることを確認、ヨシ!

 

 

オンラインバンキングの実装時期

オンラインバンキングはETFよりも先にできますか?

投資家
DON

すまないが、ETFが準備できるまでできないだろう。

アフリカのオンライン銀行ができるよりもEUバンキングが先に準備できるとさえ思う。

 

 

カードの作成

オンラインバンキングシステムが稼働すればクレジットカードやデビットカードは使えますか?

投資家
DON

使える。

オンラインバンキングが準備できれば、Sumac銀行で遠方から口座開設ができ、あなたのアカウントと結びついたデビットカードが持て、世界中で使うことができる。

 

ADKを銀行で売買⇔デビットカードで支払い

まだ先の話だけどカードが使える日が来たらかなり嬉しいな。

 

 

 

ペイオフ(預金保険制度)

日本では銀行破綻時に1,000万円までは預金が保護されます。

ケニアでは同じような規制はありますか?

投資家
DON

いい質問だ。EUではすべての銀行顧客は10万ユーロまで保証されると法で定められている。

アフリカではそのような法律はないが、ケニア中央銀行は500万ケニアシリング(約5万ドル)まで保証する。

また、ケニアでの銀行顧客保護のため、各銀行は自己資本比率14%くらいを維持する必要がある。現在、中央銀行は資本比率を上げようとしてて、顧客のお金をリスクにさらすような弱い銀行を淘汰するので私はその方がいいと思う。

徐々にケニアはオフショアバンキングにとって強い国の1つとなる予定で、その一部となれて嬉しい。

 

 

 

Mpesaや他銀行に勝つ戦略

ADKが法貨と聞いて非常に驚きました。

ケニアでは家の近くに銀行が無いと聞きます。彼らはMpesaを使い、銀行へ送り、ADKを買うと思います。MpesaとADKと何か関係があるのでしょうか。

投資家
DON

OK。ADKはまだ法貨ではない。上場が必要だ。

あなたはきっと同意してくれるだろう。証券取引所に受け入れられるので、法貨と考えられないか?

いわゆる合法な価値を持つ。ETFを売買しその利益は証券投資としてあなたの国で受け入れられだろう。

DON

ビッグなアイデアがあり、それに取り掛かっている。私たちが説明をうまくできていなくてバンキングネットワークとは何なのかをまだわかっていないのが少し悲しい。

明らかにしよう。私たちは銀行を持っている。

前にも言ったが、ヨーロッパのアドバイザーがいる。ケニアにヨーロッパレベルのオンラインバンキングをもたらそうとしている。

支払回収者としてのMpesaを殺す戦略があり、他の小さな銀行を食べる戦略もある。そう遠くない時期に東アフリカで最大級の銀行となる。

 

非常に簡単だ。私がケニアの副大統領と会ったのは彼が手のタトゥーを見たかったからだと思うか?

私たちの投資家が早く成長していないのかがわかる。他の誰もしないことを私たちがしているので、暗号通貨投資家が理解するには簡単ではないのは私のせいだ。

しかし、これは良いサインだ。

私たちがETFを得た時、主要投資家が参加して、私はバンキング計画を説明する。莫大な数が非常に早く来るだろう。この言葉を覚えておいてくれ。

 

legal tender(法貨)のイメージがドンと少し違った。合法的な価値って感じでしょうか。

それはさておき、ドンにはMpesaや他銀行に対する戦略があるようです。いわばドン勝戦略...

副大統領と話して一体何をするんだろう?

今後の楽しみにします。

 

 

 

投資会社との連携

https://theblockcrypto.com/2018/10/15/fidelity-the-2-5-trillion-wall-street-giant-is-launching-a-brand-new-institutional-brokerage-and-custody-business-for-crypto/
(フィデリティ証券は暗号通貨のための新しい証券仲介・カストディサービスを提供する)

DON

彼らはADKに来てETFに投資できる。彼らの持つものはでたらめだ。彼らはすべての暗号通貨のHypeに乗りたがる。

しかし、彼らは私たちの持つものは持っていない。そのため、彼らは来て、私たちのETFに投資する必要がある。

私たちはすでに投資会社とコンタクトをとっており、投資会社はETFの取り扱いに興味を持っている。

 

ADKも取り扱われるかもねというお話。

フィデリティ証券ではないけど、投資会社とはコンタクトをとっているそうです。

 

 

 

ETF

ETF用の会社登録

(ETF会社はすでに登録された。パンツへホールドしといてな。

これは面白い。史上初の暗号通貨ETFはADKベースだ。)

DON

Badoer ADK-ETF(会社)はNSEに規制されるだろうし、ETFに変えられるADKはウォレットに保持されて使われないようにしなければならない。

NSEはそれを確かめるだろう。

 

 

ETFのニュース

DON

現在、バンキングについては完全稼働していないのでツイッターにいる馬鹿は気にしていないと思う。

しかし、証券取引所のETFについては無視できないと思う。

ナイロビ証券取引所に行って、ADKを探せばETFとして取引されるのを見ることができるのだから。でたらめなことは言えなくなる。

そのため、もう少し戦ってほしい。

数週間以内でさらにニュースがあり、3か月以内にADK-ETFができる。

最初の暗号通貨ベースのETFはADKとなるだろう!!!

DON

私たちはNSE(ナイロビ証券取引所)と仕事をしていて、彼らはできるだけ早く私たちの上場に関するニュースを公表するだろう。

だが、まずは技術的な段階をいくつか修正する必要がある。

3か月で準備できるはずだ。NSEはもっと早くニュースを公表するはず。

 

NSEからのニュースがあると良いですね。

上場が確定されれば大手メディアにも「史上初の暗号通貨ベースETF」として宣伝してほしい。

 

 

まだ露出を控えている理由

DON

前回のインタビューで現在している内容を伝えられた。

次はNSEに上場後になるだろう。人々の尻を燃やす。

テレビでオープンに話さない理由は誰もついてこれないヘッドスタートをADKにさせたいからだ。

もし誰もが私たちのしていることを知ったら、打ち負かそうとするだろう。

 

 

証券取引所を狙う理由

DON

非常に大きいものは証券取引所だ。

私は登録されていないクソ取引所は気にしない。たとえバイナンスでも!!リアルマネー、リアル投資家、リアルな世界を追っている。

そのため、証券取引所にいるべきで、NSE、JSE(ヨハネスブルグ証券取引所)に上場するつもりなんだ。

もし史上初の暗号通貨ベースのETFでも不十分なら、ロンドンやカナダへの上場を試みるつもりだ。

しかし、まずはNSE、JSEを届けさせてくれ。それからそこへ連れていく。

 

 

ADK-ETFの売り出し価格

DON

2,000BTCを5ドル、たとえ100ドルでも買った人をどう思う?彼らの2,000BTCは現在少なくとも1,200万ドルの価値がある。

皆に正しく考えてもらい、どこへADKが行き、ポテンシャルがあるのかを見てほしい。

あなたのADKをしっかりとキープしてほしい。ETFはもうすぐだし、バンキングはすでにある。

最初のADKを15ドルで提供する計画だ。

DON

それからマーケットがいくら支払うかを決める。

ETFなので、最初にマーケットへ資産を入れる会社が開始価格を決めるだろう。

ETF価格は暗号通貨取引所で売られているADKと同じである必要はない。

 

 

ETFによる合法な取引

DON

BadoerグループのADK-ETF。

史上初の暗号通貨ベースETF。

ADK-ETFは技術を理解する必要なく、投資家に暗号通貨市場への注目を集めさせる。ETFはリアルな暗号通貨(ADK)で支えられている。

ADKはまた主に東アフリカでバンキングで史上初で使われる技術/暗号通貨でもある。そのため、ETFはADKに注目を集めるだけでなく、実際の流動性ももたらすだろう。

私たちはまた、BadoerグループADK-ETFを通してOTC取引の提供へ動いている。そのため、ADKホルダーは直接、ADKを売り、法定通貨を得られる。

これにより、投資家は母国で生活をしやすくなることも覚えていてほしい。

現在、暗号通貨投資家/所有者は銀行や母国政府に資金源を説明するのに苦戦をしているが、たいていの場合、彼らのアカウントはマネロンで閉鎖されうる。

ADK-ETFがあれば、証券取引所で証券を売買した証拠を持ち、これは完全に合法だ。

こうして、トラブルを持つことなく、暗号通貨を取り扱う最も合法な方法を持つ。

言ったように、史上初だ!多くの人がこれがいかに大きなことかまもなく理解するだろう。

 

ETFとして上場すれば、海外銀行でマネロンと疑われる暗号通貨取引ではなく、証券の売買となるのでトラブルが起きにくいという利点もあるそうです。

 

 

NSEへの技術説明

DON

私たちはハードに働き、ETFを実現するために正しく動いてきた。

私たちは最初のものとなりたく、そのためにここ3~4週間の私たちの狙いはNSEにこれを見てもらい、早く承認をもらうことで、それを得た。

現在、私たちは技術及びどのように取引を実装するかを示している。

また、どのようにウォレットが働くかについても。

私たちはETFとして売られるADKがロックされることをNSEに示す必要があるからだ。

 

私たちのETFはおおよそ承認され、現在NSEと技術部分に取り組んでいる。

あなたはETFのニュースを単なる話しだけで出していると思うか?

 

プレ承認は出来たと言ってましたね。

初めての暗号通貨ベースのETFなので、承認審査は厳しめにされそうです。

今年後半に金融センターの設立もあり、海外からの投資を増やそうとしていますし、副大統領パワーで進みますように...

 

 

ETFの販売枚数・目的

DON

私たちは30万枚で始める予定で「ADK財団」がそれ以上に売るかどうかは現在決まっていない。

私たちが必要なお金は新しい銀行を買うためだけだ。

法定通貨でOTCによりADKをBadoerグループADK‐ETFに売ることができるように働いていることを理解してほしい。

これにより、ETFの需要にこたえるチャンスをさらに与えられる。

NSEとこの詳細について仕事をしている。

正直に言って、このETFがどれだけ大きいかを知らない。私たちは未知の領域にいる。

しかし、確かに多くの需要と多くの投資家ををもたらすだろう。

 

 

バンキングとETFの関係

DON

私たちのバンキングは銀行のネットワークになる予定だ。Sumac銀行、タンザニアの銀行(名称はもうじき公表予定)、EU銀行

どんな国のどんな人も(イラン、北朝鮮、イラク、シリア、アフガニスタンを除く)私たちの銀行で遠方から口座を開設できる。彼らはオンラインバンキングのサイトを通して、KYC(住所証明、パスポートのコピー送付)をして、手数料を払って登録をする。ここでの目標は彼らにADKで請求することだ。

オンラインバンキングを使ってADKを法定通貨へ交換できる(逆も可)。

DON

ETFについては簡単だ。

ADKを所有するには、ウォレットをダウンロードし、取引所に登録し、BTCを買い、それでADKを買い、ウォレットにADKを送金する。

これは私たちにとって簡単に聞こえるかもしれない。しかし、99.9%の主流投資家にとってはそうではない。

そのため、私たちの計画はADKをETFとして提供することだ。

人々は証券のブローカー/代理店を呼ぶか、証券投資で通常使用する手段でADKを買う。非常に簡単だ。これで暗号通貨に投資したがる多数の投資家にドアを開かれる。

私たちのETFは史上初の「規制のある」暗号通貨にする。私たちの知る限り、日本といくつかの国を除いて、BTCは尊敬された通貨ではない。そのため、あなたが法定通貨のためにBTCを売るとき、銀行や税務当局とトラブルになりえて、マネロンと言われて法的問題に巻き込まれるかもしれない。

しかし、ADKはちゃんと上場されて法貨となるので、ETFの形でADKを売ることができる。他の証券を売るのに問題が起きないだろう。

また、ADK-ETFはまた言うが法貨なので、すべての暗号通貨所有者にADKを通して現金化するドアを開くだろう。きっとこの意味がわかるはずだ。

 

BTC・法定通貨でADK・ADK-ETF購入→Sumac銀行で売却→証券売買なので問題なく現金化

という感じの流れでしょうか。

 

 

ADK⇔ADK-ETFの交換

DON

BadoerグループADK-ETFを通して、通常のADKをETFに変換できる。

ETFは未知の領域だと理解してほしい。ADK-ETFは100%起きていて、最初は少し学ぶ必要がある。

しかし、ADKをADK-ETFに問題なくトレードできる。

ADK-ETFの売買についてはSumac銀行を通してその仕事をするつもりだ。

私たちのオンラインバンキングを完了させる必要があるので、すぐに準備できるものではない。

Sumac銀行や他の銀行が始める前に、信頼のある代理店を使うことができる。

AIB CapitalDyer & BlairFaida Investment BankGenghis CapitalKingdom SecuritiesNIC SecuritiesSBG SecuritiesSuntra Investment Bank

 

How to Begin Investing on the Nairobi Securities Exchange

DON

このサイトも見つけたよ。

彼らはNSEから教えてもらった代理店と同じだ。

これらの代理店は証券取引所に信頼されていて、ライセンスを持っているとNSEのCEOに言われているんだ。

彼らはNSEに上場したすべてへのアクセスを提供するので、ADK-ETFもまた提供されるはずだ。

いずれにせよ彼らのほとんどと私はコンタクトを取るだろう。

急いで選ぶ必要はない。

NSEが代理店の選択を助けてくれるだろう。最高の代理店をサポートするよ。

 

 

アドバイザーとの契約

DON

ETFは来るよ。非常に近く。

明日(10/23)、アドバイザーの一人と契約を結ぶ。

次はウォレット機能の説明だ。NSEがADKも管理できると感じると確かめるよ。

 

 

ADK-ETFの宣伝

DON

ETFができるとき、強く宣伝する必要がある。

このゲームに力を入れる時期だ。

史上初の暗号通貨ベースのETFはADKだ。

 

ついに力を入れてくれるか。ドンさん。

注目度がすごくなることを期待したい。

 

・ETF

【登録した会社】BADOER GROUP ADK ETF LIMITED

【売り出し価格】15ドル

【当初販売数】30万

 

 

貯めてしまったこともあり、内容が盛りだくさんですみません。

ドンが色々頑張っているから仕方ないですね...

 

銀行でADKの入金・売買を出来るよう調整中。

オンラインバンキングシステムができれば、デビットカードも作成可能。

Mpesaや他銀行に勝つ戦略もある。ドン勝戦略...

投資会社とコンタクト中。アドバイザーと契約。

ETF用の会社登録、数週間でニュース発表(NSEからもあるかも?)、3か月くらいで承認か?、NSEにウォレットや技術を説明中。

ステップ2の技術開発も進行中、CMCとも対応中  ・・・などなど

 

ETFが思ったより重要な気がします。

また、ステップ2の開発ができ、CMCの宿題をこなせてランキングに復活すれば、注目度は上がりますね。

ということでStay Tuned(乞うご期待)!!

 

(参考:日本語訳

 

-ADK-News

Copyright© いつかは気まま生活 , 2018 All Rights Reserved.