ADK-News

ADK-News(2018-5-25)ビジネスプランの確認

更新日:

こんばんは。SKR(twitter)です。

本日のADKニュースは、ビジネスプラン、銀行の資金出処確認、オンラインバンキングのFIAT提供等です。

 

1.ADKのビジネスプラン

tweet内容:ケニア中央銀行によるブロックチェーン技術の受け入れをまさに見ようとするところ?確かに歓迎すべきニュースだ。

投資家

こんなtweetを見つけた。ここに記載のたった一つの会社はADKのこと?ADKはすでにオンラインバンキングのライセンスを持っているの?

DON

ADKは非中央集権の通貨でライセンスが必要ない。しかしADKのファウンダーとして私はケニア中央銀行で完全にライセンスのあるSumac銀行の16%を現在所有していて、タンザニアの完全にライセンスのある銀行の23%を所有している。
だから我々がビジネスプランを実行するのは完全に合法であり、それは以下のようになる。

・ケニア・タンザニアの非居住者にオフショアバンキングの提供
・ADKで銀行開設手数料を請求
・簡単なKYCでリモートバンキングの提供
・法定通貨⇔ADKを途切れなく提供するオンラインバンキングについた交換所の実装。ADKをオンラインバンキングで売り、数秒で銀行口座に法定通貨を得られる。
・ユーロ、ポンドを提供
・我々の銀行を使い、ケニアでまずADKをETFに上場予定。その後タンザニアへ。

オンラインバンキングについては、銀行ライセンスがあるので、新たに取る必要はないと。

また、オンラインバンキングに関する今後の展開がまとまっています。

 

2.AidosオンラインバンキングのFIAT提供

投資家

もし、Aidos銀行口座を開いたら、法定通貨のようにADKを入金してそこに置いておけますか?

DON

そうだ。オンラインバンキングに実装された取引所になるので、ADKのウォレットともちろんIBANアカウントを持てる予定。

そのためログインしてADK、ユーロ、ポンドの残高を確認できる。オンラインバンキングで直接取引ができる。

ADKウォレットで売りたい量を選び、価格を選択、Sellをクリックすれば数秒でAidos銀行口座に法定通貨が入る。

買いたい時、簡単に動く。IBANアカウントを選び、ADKの買いたい価格、どれだけ買うかを選ぶ。

数秒後、オンライン銀行のADKウォレットにADKが入る。

ヨーロッパの大手銀行と同レベルのオンラインバンキングシステムを現在、作成中です。

また、同じ会社が作ってくれる取引所システムにも期待。

ウォレット、IBANアカウントがある。すぐに法定通貨に換金できます。

 

3.銀行での資金の出処確認

投資家

銀行は資金の出処の証拠を訪ねる予定ですか?クリプトダオのことがあって、そのゴタゴタの後、全取引履歴が消された。

銀行が尋ねた場合にクリプトダオで買った通貨をどう証明するか気になっているんだ。

DON

もし必要なら、銀行はある場合には資金の出処を尋ねることがある。

だが覚えていてほしいのは、銀行の顧客は銀行のオンライン取引所で取引をするだろうから、資金の出処や資金の目的は非常に証明しやすい。

ADK購入に使ったBTCの購入証明で十分だよ。

一般人が普通に売買している分には尋ねられないと思いたい(^^;

英語で証明するのは大変ですし。

4.アフリカの重要性

tweet内容:ジンバブエ高等裁判所は中央銀行による取引所への仮想通貨禁止令を取り消す。

DON

7か月以上前から言ったように、アフリカは将来、重要な部分を得るための(良い)場所だ。

一言しか言ってませんでしたが、前からアフリカには目をつけていたようです。

アフリカの億万長者が多くなっており、銀行サービスを必要としているとの記事もあります(参照記事)。

アフリカは既存の銀行が整備されていない分、仮想通貨や電子マネーが広がってきていて、さらに広がる可能性を感じます。

 

5.仮想通貨カフェバーcoins

DON

このバーの名前は何でどこにあるの?

投資家

仮想通貨カフェバーCOINSだよ。大阪市なんばにある。

私も昨日行ってきました。

主要通貨と一緒にADKも並べてくれてます。オーナーがADK推しだそうです。

オフ会等に使ってみてはどうでしょう?(お店について詳しくはCOINNEWSさんの記事を参照。)

 

今回の内容は、前から言ってきたことの振り返りといったところでしょうか。

引き続き、計画通りに中央銀行とうまく付き合って進めていただきたいところです。

(参考:日本語訳

-ADK-News

Copyright© いつかは気まま生活 , 2018 All Rights Reserved.