ADK-News

ADK-News(2018-6-3)ATM設置とヨーロッパの銀行探し

投稿日:

まいど!(関西風) SKR(twitter)です。

本日のADKニュースは、ATM設置、ヨーロッパの銀行探しについてです。

 

1.ATM設置

投資家

初めてのビットコインATMがケニアにオープンした。

DON

ADKのATMがアフリカでできる予定だ。

我々は銀行経由で提供するだろう。

ADKをATMで売買できるようになる。

ということはスマホの銀行アプリ経由でADKを入金して、法定通貨が得られると。(逆もあり)

銀行ATMは、ビットコインATMみたいに話題性があるのと、手間がかからなくて良いのかも。

 

ちなみにビットコインATMはこんな使い方らしいです。

 

2.ヨーロッパの銀行探し

DON

道に戻り、マケドニアへ銀行の会議に行く。

私は休まない。小さなヨーロッパの銀行探しが始まった。

今回はマケドニアへ。前はセルビアに行く(2回目)と言ってましたが、どうなんだろう?

ヨーロッパとは強いつながりが無いらしいし、銀行買収はそもそも簡単では無いはず。

うまく行きますように。

 

ちなみに以前、ヨーロッパの銀行買収は難しいという話をしてたような… そのtweetを探してみました。

EUの銀行の買収はできないだろうということでした。厳しい基準があるのでしょう。

 

現在、EUには28か国が加盟しています。

EU加盟国(出典:駐日欧州連合代表部の公式ウェブマガジン

 

ドンが銀行を探しに行っているマケドニアやセルビアはEUに加盟していません(どちらもギリシャの北あたりにあります)。

ただし、マケドニアは加盟交渉をしています。もし加盟したらドンの目指しているような匿名性を持った銀行の経営は厳しくなるかもしれません。

ただ、加盟しているルクセンブルクでもオフショア銀行はあるようなので、ある程度の匿名性はできるのかもしれませんが(古い資料最近の資料)。

 

今回は、ADKのATM設置とマケドニアへの銀行探しでした。

とくにヨーロッパ拠点の銀行がどこになるのか気になります。

個人情報が流出してしまうような管理できていない銀行を買収してしまったら、富裕層のお金は入らないでしょうし、適切な銀行買収を祈るのみです。

(参考:日本語訳

-ADK-News

Copyright© いつかは気まま生活 , 2018 All Rights Reserved.