ADK-News

ADK-News(2018-7-2)インタビュー時期は7/21以降!

投稿日:

Aidosファミリーのみなさん、おはようございます。SKR(twitter)です。

本日のADKニュースは、①Nessie取引所がオープン、②バイナンス・ウガンダ進出③銀行問い合わせにブチギレ、④公式ニュースの時期、⑤Sumac銀行のウェブサイト更新、⑥金融庁の取引規制、⑦インタビューで宣戦布告? について。

週刊ADKと日が被ったけど、気にせず投稿。

 

 

Nessie取引所がオープン


(Nessie取引所のTimさん)

我々はADKをBTC(そしてMBI)ペアでサポートできて嬉しいよ。

近い将来、Eth、USDTのような他のペアも用意する。

もちろんフィードバックに基づいて微調整する予定だ。プライベートメッセージを通して(良くも悪くも)フィードバックを送ってほしい。

 

 

(取引画面)

 

最初の外部取引所は、Monsterbyte運営の Nessie でした!

新規取引所なので、流動性が今は低いですが、独自取引所だけじゃ無くなったということが大きい。

ついにこんな日が来るとは、感慨深いものがあります。

 

今のところ、売りも買いも板が薄い。

CEOのTimへの恩返しに、ぜひこちらでも売買してください。

エラーが出るかもしれないのでご注意を!

あと、改善点など意見もお待ちしているそうです。

 

 

バイナンス・ウガンダ進出

binanceがbinance ウガンダを作った。ADKはもっと早くアフリカに来ていた。

投資家
DON

ケニアには作れなかった?それでウガンダを選んだ?

何かうさんくさく臭うんだ。

binanceは最初はマルタと言った。そして我々はそれがほぼ無理だと知っていた。

彼らはケニアに行こうとしたがったが、それはできなかったんだ。

DON

誰もケニアでの暗号通貨ビジネスではAidos Foundationなしにはできない。

すぐにすべては明らかになるだろう。

多くは説明しないが、ケニアで暗号通貨で何かするには我々のチームが関係しなければならないと確認した。

 

ドンがちょっと勘違いしているみたい。

バイナンスはマルタに本社機能を置き、それに加えてウガンダでもサービスを開始したはず(参考記事)。

ケニアについても、ウガンダに限らずアフリカでいいところがあれば提供するという話だったような。

 

それはさておき、ケニアではAidos Foundation無しには暗号通貨ビジネスができないって!

ということは、ケニアの暗号通貨業界をまとめる委員会にでも参画するのかな?

これもニュースで明らかになるかもしれません。

 

 

銀行問い合わせにブチギレ

 

えぇ、久々にドンがブチギレたのを見て、笑いました。

前には「銀行や中央銀行にも確認していいよ」って言ってたのですが(^^;

つい個人攻撃ととらえてしまったようです。

 

 

 

 

公式ニュースの時期

公式ニュースは6月に出すと前に言っていましたが、遅れたんですか?

投資家
DON

公式ニュースについて確定した日程は言っていない。

次に、我々はSumac銀行の所有を証明した。

例えばMoneroが理由もなく数百USDでトレードされているが、ADKは投資者を幸せにし続けるために毎時間ニュースを届ける必要があるのか?

まもなく、独立した情報源から大きな公式ニュースがある予定だ。

 

前は、7月初旬にニュース発表予定だった気がします。

最後の項目に書きましたが、7/21以降と珍しく明確な日程が示されました。

ドンも自分の都合だけでは決められないし、アフリカ時間に苦しんでいるのかもしれません。

 

7/21-22にG20がありますが、それと関係あるのかな?

ビットコイン価格がその頃に上がってたらいいな。(願望)

ついニュースを毎日楽しみにしてしまいますが、あまりせかさないで待ちましょう。

 

 

 

 

Sumac銀行のウェブサイト更新

公式記事の前に、Sumac銀行のウェブサイトは更新されますか?多くの人が待ち望んでいると思います。

投資家

 

DON

そうだ!理事に私の名前を含むよう作業中だ。

彼らは更新中だ。CEOから約束されたので、もうすぐ完了するだろう。

 

ウェブサイトについても、ドンのページを更新してくれるみたいですので待ちます。

この件、あまり聞くと「信じられへんのかい?」と気にしてますので、ご注意を。

 

 

 

 

金融庁の取引規制

現在、いくつかの取引所が日本人を締め出している。

日本の金融庁が取引所に日本人には使わせないよう警告したからだ。

Aidosmarketが日本人を締め出す可能性はありませんか?

投資家
DON

日本は我々の取引所を閉める権限はない。もし我々の取引所が日本を拠点としていたら別だが。

我々はAEOI外の国を拠点とし、暗号通貨を取り扱う銀行だ。

世界中から顧客を受け入れられる(イラン、シリア、イラク、アフガニスタン、北朝鮮を除く)。

確かに我々はうまくするだろう。

政府が国民にトレードを止めるようにすればするほど、我々のオフショアバンキングとADKにとって、より(都合の)良いことになるだろう。

DON

私は自分自身に少し悲しさと怒りを感じる。

我々のテレグラムグループの人でさえもいかにADKがすごいのかを理解していないようだから。

暗号通貨を取り扱うバンキングについて理解していないようだ。

我々は他の暗号通貨と大銀行よりもはるか先にいる。

しっかり握っておくんだ。

 

Huobi、HitBTC、Kucoinなど、海外取引所が日本人へのサービスを停止しようとしています。

どうも「日本語に対応」していることがダメなよう。

日本居住者向けのサービスをしていると言われても否定できませんもの。

その点、Aidos marketは日本語対応していませんし、使用する分には今のところ問題ないはず(知らんけど)。

 

ドンも日本に拠点無いし、暗号通貨を取り扱う銀行で、世界中を対象にしている。

止められる権限あるんかいと言ってますね。

 

そもそもADKは、政府等から資産を把握されたくない人のための暗号通貨ですからね。

そんな状況になるほど、ADKの重要性が増すようです。

(違法になったら知らんけど)

 

 

 

インタビューで宣戦布告?

Devanath / Pixabay

DON

Mister tango・Caishen取引所ももうすぐだ。

まもなくタンザニア銀行が発表される。

オンラインバンキングは作業中だ。

銀行統合は進んでいる。

DON

また、私は7月21日からケニアにいる予定だ。

一連のインタビューをするだろう。

私はまもなく暗号通貨世界に戦争を宣言するだろう。hehehehe

 

ドンがまとめてくれました。

メディアでのニュース発表以外にも色々と待っているニュースはあるのです。

しっかり握っといてや~とのこと。

 

メディアでのニュース発表は7/21以降とのこと。

ってことは8月・・・?

 

 

ドン休暇も終わりまして、久々に情報量が多くありました。

 

今後のことをまとめてみます。

Sumac銀行のウェブサイト更新。

取引所は、Minster Tango、Caishen、Bithoodに上場予定。

そして、タンザニアの銀行名発表。

 

すすめている作業としては、オンラインバンキングシステムの作成、銀行統合。

あと、ヨーロッパの事務所探し(セルビア・マケドニア・ロンドン?)などもありますね。

 

7/21以降に大々的なメディア発表。

 

以上、がっちり握って待ちたいと思います。

 

(参考:日本語訳

-ADK-News

Copyright© いつかは気まま生活 , 2018 All Rights Reserved.