ADK

(翻訳記事)Aidos Kuneenが最も暗号通貨に友好的な銀行ネットワークを明らかにする

更新日:

Aidos Kuneenが最も暗号通貨に友好的な銀行ネットワークを明らかにする

by Bitcoin PR Buzz Feed | Aug 27, 2018 | Bitcoin Blast, Bitcoin Press Release |

Bitcoin Press Release:暗号通貨取引所のバンキングへの需要を満たす選択肢が縮小しているので、Aidos Kuneenは暗号通貨ユーザーに銀行を通して簡単に法定通貨にアクセスできるトラストレスなネットワークへ彼らの資産を預ける機会を提供する。

2018年8月27日、スペイン、マドリードにて。
ADKにより、プライバシー・非中央集権・スケイラビリティーに焦点を合わせたオープンソースプロジェクト、アフリカの2銀行とヨーロッパの1銀行のネットワーク、資産プライバシーの欠如という問題に対する安全で個人の辿られない解決方法により暗号通貨を法定通貨へ数秒で移転できる。

 

ADKは計画通りに成長を続ける

ADKの創始者、Ricardo BadoerはケニアのSumac銀行の16%株を所有し、タンザニアの銀行(近々、公式発表予定)の23%株を所有し、5か月以内にEUベースの銀行を始めようと願っている。

Badoerは遠方からの銀行口座開設の提供とともに、最も暗号通貨に友好的なバンキングネットワークを創設しようとするこれらの銀行の理事である。

「当初からの我々の目標は、ADKのような完全に動く技術を提供し、それを完全に動くバンキングシステムとつなげることだ。」とオフショアバンキング部門で16年以上の経験をもつBadoerが言う。
「我々はバンキングネットワークと完全につながったADKのようなトラストレスな技術を提供することが暗号通貨世界で見逃されているものだと感じている。」

独自のEUバンキングを持つことにより、ADK所有者は個人のIBANアカウントを持てるようになり、ADKからユーロ、その逆への変換も可能になるだろう。各アカウント所有者はまた、各銀行口座とつながった無料のデビットカードを持つだろう。

ゲーム会社モンスターバイトはまた、そのエコシステムを活用するためにADKと提携する。それは完全にスケーラブル、非中央集権、匿名で手数料ゼロで送金する量子耐性のあるシステムが特徴だ。 モンスターバイトは独自取引所Nessieをローンチしてから、そのプラットフォームにADKを上場している。

 

Badoerは加える

「暗号通貨世界は壊れている。規制されていない。プロダクト(例えばコイン/トークン)のいくつかは大丈夫だが、エコシステムで最も重要なインフラである取引所と全ICOシステムは非常に悪い。今日の暗号通貨世界はスキャマー、オタク、コイン上場で金儲けをしたいだけの取引所アドミンでいっぱいの景色だ。
私は現在、暗号通貨世界で透明な唯一の人物だ。私は2つの中央銀行に監査されていて、まもなく3つ目に監査されるだろう。」

漏れて不適切に使用されがちなユーザーの取引データの損失において、Aidosは辿られたり痕跡がつく恐れが無くユーザーが暗号通貨を自由に支払うことを可能にする。

 

Aidosについて

Aidosはオープンソースであり、ブロックがなくてスケーラブルで取引に手数料がかからない特徴のある量子耐性のあるプラットフォームである。
その取引システムはユーザーの身元がばれないように守る下位のネットワークレイヤーとしてI2Pのある有向メッシュを基礎としている。
そのAKshuffleはユーザーを匿名にし、送金を100%見えなくして、辿られないようにする。そのプラットフォームはAidos財団により支えられている。Aidosは2017年にRicardo Badoerによりつくられた。Badoerはファイナンス、オフショアバンキングに16年以上、デジタル通貨取引に8年以上の経験がある。

 

ウェブサイト訪問  : http://aidoskuneen.com/
ADK Github     : https://t.co/zWudEswsg5
ADK Whitepaper  : www.github.com/AidosKuneen/whitepaper/releases
AidosMarketWatch : mw.adk.uno
Follow on Twitter   : https://twitter.com/Aidos_kuneen

メディア問い合わせ先
Name: Ricardo Badoer
Email: info@aidoskuneen.com

Aidos Kuneenはこの文章の発信元である。仮想通貨は法貨ではなく、政府に支えられたものでもなく、アカウントと価値の残高は消費者保護の対象ではない。
暗号通貨とトークンは非常に変動性がある。価値の安定の保証はない。トークンセールはハイリスク耐性のある個人にのみ適している。失っても耐えられるトークンイベントにだけ参加しましょう。

 

Bitcoin PR Buzz Feedの英語記事を翻訳しました。

正式に銀行理事となってから初めて、暗号通貨「ADK」が記事として出てきました。

ADKを所有すると、IBANアカウントを作成して法定通貨への換金が可能となり、銀行口座と紐づいたデビットカードを所有できます。

もちろんADKを通して、資産を匿名で送金・管理することが可能。

 

ドンによると、このニュースは前に言った大きなニュースではないそうです。

もっと大きなケニアのニュースサイトで扱われるそう。

STAY TUNED(乞うご期待)!

-ADK

Copyright© いつかは気まま生活 , 2018 All Rights Reserved.