ADK

(翻訳記事)ドバイを拠点とするBadoerがケニアの中小企業融資機関Sumacに1億シリング出資

投稿日:

7/28ニュースの一部を1記事に書き直してみた)

 

https://www.businessdailyafrica.com/news/Charles-Mwaniki/539546-4683182-wa98t9/index.html

(全文掲載)

ドバイを拠点とするBadoerがケニアの中小企業融資機関Sumacに1億シリング出資

ドバイ拠点の投資会社Badoer InvestmentsはSumacマイクロファイナンス銀行に1億シリングを投入し、中小企業融資機関の株式15.6%を得る。

Sumacを6.41億シリングと評価するこの取引により、会社創業者のRicardo BadoerがSumacの取締役会の席を取る。

Sumacは、ローン拡大できるので、資本を増強するためにその資金を使用すると言っている。

「そのお金はほぼ中小企業への貸出のための運営資金とし、また、4支店の拡大、インターネットバンキングの開始、決済機関への参加を検討している。」
「我々は営業単位ごとに毎年、新規支店を開設することを検討している。」SumacCEOのJohn NjihiaはBusiness Dailyに話した。

Sumacは現在、ナイロビに2支店、Githunguri(Kiambu地域)に1支店、Nakuruに1支店がある。農業ビジネスを狙い、Eldoret、Kisumu、Meruへの拡大を検討している。会社は1万人の顧客基盤、10億シリングの融資台帳を持つ。

Badoer氏は彼の会社が通常は銀行のローンを利用できない借入者に届くので、その融資機関に投資することを選択したと言った。

その額は初期投資で、そのうちにさらにお金をSumacに投入するとも彼は言った。

「マイクロファイナンスバンクであり、彼らはバンキングを普通は利用できない農家のような人々にまで届けられる。成長を支援するため、我々は銀行の別の領域の専門性を提供したい。」とBadoer氏は言った。

過去3年間、Sumacは様々な投資者から6億シリングを集めた。

これは今年これまでの負債による資金調達で3.3億シリングを含む。それは、メキシコのファンドマネージャーTriple Jump(1.53億シリング)、サブサハラアフリカのための地域MSME投資ファンドから1.02億シリング、ケニア開発銀行から0.45億シリング、小規模企業支援プログラムTrustから0.3億シリングである。

2002年に投資クラブとしてスタートしたSumacは、2012年にケニア中央銀行より預金引受ライセンスを受けた。
2016年末には、マイクロファイナンス・バンキング部門では市場シェア1.3%で5位にランクされました。

 

DON

友人よ、何でも早く見つけるね。

彼らは少し間違っている。

私は株式取得に総計600万USD = 6億ケニアシリングを投資した。そして我々はさらに株式取得するために400万USDを投資予定だ。

100万USDを株式に直接、500万USDは貸与の形で。

他の記事でまもなく出てくるだろう。

 

初めてのアフリカのニュースはコレ!

ドンの所有するBadoer Investmentsが100万ドルほどでSumac銀行の株15.6%を取得。

銀行に500万ドルを貸し、今後、株式取得に400万ドルを投資予定とのこと。

 

ドンの投資とは別に、これまでも6億シリングほど(約6億円)を投資機関から集めています。

やはり現時点では小規模ですね。

 

市場シェア1.3%と低いけど、それでも5位。

お買い求めしやすく、かつ、中身が良いという、ドンの狙う目的にはピッタリだったのでしょう。

 

 

 

-ADK

Copyright© いつかは気まま生活 , 2018 All Rights Reserved.